株式を譲る前に確認する|注意すべき点を押さえて株式譲渡を行なう|リスクを抱えない為に

注意すべき点を押さえて株式譲渡を行なう|リスクを抱えない為に

株式を譲る前に確認する

ビル

株式会社は株式を発行することで資金を集めて設立されています。1株1000円で1000株発行すると1億円の資金を手にすることができるというわけです。もちろん、会社設立のための資本金です。株式を購入して出資した発起人は株式会社を設立した後は株主となります。会社自体はこの株主のものですが、経営は取締役が行うことになりますが、株主がその取締役であることもしばしばあります。そのため、年齢が高くなって取締役を辞めるときに株主からも下りたいというときには株式譲渡をする必要があります。株式譲渡を第三者にするだけで経営そのものには影響は与えません。この株式譲渡自体は法務局への申請も不要で社内で手続きがすべて行えます。

株式譲渡をするときに確認するべきことがあります。それは譲渡制限があるかどうかについてです。これは正式名称で「譲渡制限株式」とよばれるものであり、株式譲渡に制限をかけている株式のことを指します。株式は自由売買をすることができるのが原則ですが、自社で発行している株式を譲渡するときには会社の承認を得てからでなければできない場合があります。これは定款で定められていますので、もし株式譲渡をするときには真っ先に確認しなければいけません。こうした制限を設けているのには理由があります。会社にとって望ましくない人に株式が譲渡されることを防止するためです。株式を数多く保有すると会社の経営方針に大きく影響を与えるので、制限をかけることで予防できるのです。